おっちゃんとの会話 声のかけ間違いでも大丈夫 人の元気は自分の喜び

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第153号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

今では筆者であるさくさが

 

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

この週末、

 

高速道路で2時間半くらいの

離れた場所に住んでいる

 

おばさんと

おっちゃんが

 

さくさの家を訪ねてくださいました

 

"おばさん" と表現していますが

血縁関係はなく、

 

妻の母の

昔からのお友だちです

 

妻の母との友人関係が

 

妻にそのまま引き継がれて

 

これまでに何回も

泊りがけで行き来する

間柄となっています

 

 

そしてその友だちは

今は娘にも引き継がれてきてます

 

 

そういうご縁で、

 

おっちゃんと

さくさも

 

男同志

話をするようになりました

 

 

おっちゃんは

さくさよりも30歳くらい年上

 

 

お互い口数が少なくて

真面目な性質なので

(あっ、自分でゆーなってか)

 

・仕事の話

・健康の話

・安全の話

 

に花が咲きます

 

 

 

そんなおっちゃんが

帰り際に

 

 

「最近落ち込んでいたけど、この週末で元気になったわ」

「来てよかった、ありがとう」

 

と言ってくれました

 

 

えっ、

落ち込んどったんかいな!?

 

 

さくさは

この2日間に

何か無神経なことを言わなかったか

思い出し確認をしました

 

 

 

そういえば1点

 

 

おっちゃんの職場は

安全が超大切とされる職場

 

何か起こしてしまうと

すぐにマスコミに攻撃されるので

いつもピリピリしています

 

 

すでに定年過ぎているのに

 

おっちゃんの安全レベルの高さに

信頼があるのでしょう

 

何度も何度も

延長となって

 

ようやく近々

退職となるそうです

 

 

「良い機会かな、と思って」

 

と言っているおっちゃんが

 

そーいえば

どことなく寂しそうでした

 

 

「ようやく退職させてもらえるのですか、良かったですね!」

 

 

 

それと

もう1点、

 

 

「ピロリ菌検査で・・・」

 

ピロリ菌は

飲み薬でほとんど治るものだと思ったのですが

2回飲んでも治らず

 

次から保険適用外の

3回目の治療になると言ってました

 

 

なんとなく

自慢の健康にも

ちょっとショックを受けている感じでした

 

 

「まぁ、仕方ないやん、はははは笑」

 

おばさんの笑い声につられて

 

 

さくさも思わず

 

「仕方ないですよね、ははははははは」

 

 

 

ふぅ、(汗)

 

アブナカッタ。。。

 

危機一髪

 

せーふ

大丈夫でした

 

 

でもね、

つい、やっちまったとしても

 

決して

悪気があるわけではありません

 

 

さくさが逆の立場だったら

相手に悪気があるか、ないか

表情を見れば

すぐにわかります

 

空気でわかります

 

 

言葉の一つ一つに

とげがあるのかないのか

すぐにわかります

 

 

落ち込んでたのを見抜けなかったさくさが

エラそうなこと言えませんが

すぐにわかります

わかります

(わかりませんでした)

 

 

 

良かった

 

良かった

 

良かった

 

 

今週末

おっちゃんが元気になって

良かった

 

 

癒しのさくさ

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

職場のカマキリ 金運のある昆虫たち 良い 虫の知らせ

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第152号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

今では筆者であるさくさが

 

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

職場での出来事です

 

さくさが普段どおり

パソコンに向って

カチャカチャと仕事をしていると

 

パソコンの左横に置いている電話機のコードが

なにやらフワフワと動いています

 

ん・・・

 

そこに目を向けると

茶色いコカマキリのオスが

コードに沿って

ひょいひょいと歩いていました

 

コカマキリだから

成虫とはいえ

それほど大きくありません

 

見た感じ

せいぜい5~6センチくらいでしょうか

 

かわいいやつめ 笑

 

ヒョイっと捕まえました

 

さくさは

ほとんどの昆虫は平気です

 

 

この涼しくなってきた時期になると

成虫になったカマキリが

あちこちに出てきます

(さくさの職場は田舎です)

 

 

2、3日前にも

さくさの前に座っている人が

 

カマキリを体にくっつけたままで

黙々と仕事をしていました

 

その人がコピー機のほうに歩きはじめると

それにビックリしたカマキリが

どんどんと体を上の方に登っていって

ついに頭まで到達しました

 

カマキリが服に付いていても

なかなか気が付きませんが

 

さすがに頭まで登ってくると

気が付きます

 

その人はすかさず捕獲して

「痛テテテテテ」

と言いながら

 

窓の外に

ヒョイと放していました

 

アハハハハハ!

 

オオカマキリのメスです

(そりゃ、痛いでしょうね)

 

 

 

さくさは小学生の頃は

昆虫博士を名乗っていました

(単に捕まえるのが好きだっただけですが)

 

 

 

あっ、

昆虫嫌いな人には

ゴメンナサイの話題ですね

 

 

でも

昆虫と言っても

金運に関係する話に変えれば

大丈夫でしょうか?

 

昆虫でも

金運のある昆虫がいます

 

コガネムシが筆頭格でしょう

 

”黄金虫”ですものね

 

文字そのものから金運を感じます

 

 

他にも、

トンボ

 

これは”勝虫”です

 

前進あるのみ

不退転

勝負に勝つ

投資に勝つ

 

夏場には綺麗なトンボや

大きなオニヤンマを見かけました

 

 

あと、

でんとうむし

 

”天道虫”ですね

すばらしい!

 

みんな金運がある虫たちです

 

ちなみに、

あの毒々しいムカデも

金運があると言われています

 

”百足”

 

商売繁盛らしいですが。。。

 

夏場に実物を度々見かけましたが

自称昆虫博士のさくさでも

見つけたときには悲鳴モノです

 

でもせっかくなので、

 

金運の良い虫を見かけたら

良い風に考えて

良い意味での

“虫の知らせ”

と受け取ってみてはいかがでしょうか

 

都会にお住まいの方は

置物などでも良いかもしれませんね

 

さくさも

枕元にコガネムシの置物を置いています

 

 

昆虫嫌いの方への

罪滅ぼしという訳ではございませんが

 

一言、

 

「読者の皆様に

金運がありますように」

 

 

さくさにもね 笑

 

 

 金塊, 金, 通貨, 富, 金融, 貴金属, 金のなる木, 危機通貨, ジュエル

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

最寄り駅のホームで見かけた光景 どう感じるかを感じたい 自己診断

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第151号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

最近は筆者であるさくさが

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

先日、

駅のホームで

線路を挟んだ

反対側のホームを何気なく見ていました

 

 

よちよち歩きの男の子と

その子のお父さんがいます

 

乳母車も傍らに置いてあります

 

 

そのホームに停車中の電車の

先頭の姿を眺めています

 

よちよち歩きの男の子は

その電車の先頭車両を覗き込むように見ている

 

どうやら

電車に

興味津々のようです

 

 

ん!?

 

その男の子は

 

どんどんと

どんどんと

 

電車の先頭を近くで見ようとして、

ホームの端っこに近寄っていきます

 

 

(危ないよ)

 

(危ないよ)

 

 

すると

お父さんは、

 

オッ

 

よちよち歩きのその男の子を

ヒョイと

拾い上げました

 

 

あ~、

良かった

 

でも

お父さんには焦りの表情は全くありません

 

さくさは反対ホームから見ているので

距離感が違うのでしょうか

 

でも、さくさは

ちょっとヒヤッとしました

 

 

すると、

先頭車両から電車の運転手が降りてきました

 

 

さくさは、

その男の子のお父さんが

 

危ないですよ

 

と注意されるのかな

と思いました

 

でも違いました

 

(さくさが反対ホームから見た距離感とは

違ったようです)

 

 

運転手さんは、

 

シャキーン

 

と何かのカードを取り出して

その男の子に手渡しました

 

 

お父さんが男の子に

 

ありがとうは?

ありがとうは?

 

と声をかけています

 

でも、

男の子はその手渡されたカードに

既に釘付けで

お礼どころではありません

 

 

おそらく

大好きな電車のカードなのでしょう

(想像ですけど)

 

 

お父さんが男の子と

顔を並べるようにして

 

運転手さんに

 

代わりのお礼しています

 

 

運転手さんは

ニコニコです

 

お父さんも

ニコニコです

 

 

反対ホームの

さくさも

心の中で

ニコニコです

 

 

電車待ちをしている

ほんの少しの時間の

ほのぼのとした光景でした

 

 

 

こういう光景に出会えるのは

偶然ではありますが

 

偶然ばかりではなく

運もあります

(運を偶然と言ってしまうとそれまでですけどね)

 

そして、

運良く出会えたその光景を

拾い上げてみるのには

意識が必要となります

 

 

拾い上げてみなければ

ただの何ともない1シーンであり

 

レンズに写っただけで

通り過ぎるだけで終わってしまいます

 

 

さらに、

運良く出会えたその光景、

拾い上げたその光景を

 

あたたかく感じることができるかどうかは

それを見た本人の感性によります

 

 

人の不幸を見て溜飲を下ろすような感性の人には

人の笑顔や、

人の幸せに

あたたかみを感じることができません

 

 

どのように感じるかは

それを見た本人次第なのです

 

 

最近あたたかみを感じる光景を

見ていないなぁ

 

と感じることがあったなら

 

さくさは、

日常の自分の行動や態度などについて

何か至らぬところがなかったかどうか

 

自分の責任として、

少しばかり見直してみたいと考えています

 

 

ちなみに、

ここ最近は大丈夫

 

電車待ちの時間に

良い光景に出会えましたから

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

自分磨きに会社が補助金 違和感 自分自身への言い訳に気を付けたい

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第150号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

今では筆者であるさくさが

 

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

先日、

ある新聞の「働き方」面の1つの記事の見出しに

目が留まりました

 

内容は、

 

「自分磨きをした社員に 年〇万円を支給」

 

というもの

 

 

一見すると

 

おお、ナントすばらしい!

 

 

思えたのですが、

 

何だか違和感があります

 

さくさはそう感じました

 

 

 

記事に目を通すと、

 

どうやらその会社では

 

語学

資格

健康など

 

自分磨き

自己啓発

に取り組んだ社員に

 

補助金として〇万円を支給するという制度を

開始したということです

 

パンパカパーン

 

日本有数の大企業です

 

 

まぁ、着眼点としては

特段目新しいものでもなく

先進的でもないかもしれませんけどね

 

 

 

さくさの価値観では、

 

自分磨き、

自己啓発

 

会社が関与するなんて

 

 

矛盾感、

うんざり感

たっぷりです

 

 

そもそもそれを“自己”と言っちゃうのかどうか…

 

 

そこに勤める社員に対しても、

 

補助金がないと自己啓発しない…」

 

とか

 

「お金があったら自己啓発する気になるのに…」

 

とか

 

言い訳の機会を

与えてしまうのではないか

と思います

 

 

社員に対して失礼な制度ですよね

 

 

 

ふと、

 

もう何年も前になる昔の

ある会話を思い出しました

 

 

会話と言っても

 

それは確か、

 

さくさが自販機の前で

ジュースを飲んでいるときに

見知らぬ女性たちの会話を

 

こっそり

立ち聞きしたもの

 

(いや、、、汗 勝手に聞こえてしまったのです 汗)

 

 

 

女性たちの内の1人が曰く、

 

「会計制度の改正があるから、

 

今勉強したことは無駄になるから、

 

今は簿記の勉強をしない(キッパリ)

 

勉強はその改正の後に始める(つもり)」

 

 

とのたまわっていたのを聞いて

 

さくさは唖然としたことを思い出しました

 

(そんなに大した改正でもないのに)

 

 

これは、

勉強しない言い訳ですね

 

 

 

補助金がもらえないと自己啓発しない…」

 

「制度が改正になるから今は勉強しない…」

 

 

 

 

誰かじゃないけど、

本当にしたければ

 

今でしょ!!」

 

と言ってやるところです

(ね、林先生!)

 

 

 

冒頭の会社にしても、

 

いずれ

 

その補助金の取得率を

部署別に集計しはじめて

 

自己啓発推進活動なるものが始まり

部署間での競争が激化

 

結果として、

自己啓発という名ばかりの

全社推進課題になっていく

 

上司や会社からの暗黙の

自己啓発強制

就労感覚たっぷりの自分磨き

 

う~ん

(極端な想像ですけど…笑えない…)

 

 

 

言わずもがな、

 

本当にやる気のある人間は

誰から言われなくても

とっくのとうにやっているし

 

お金が無いなら無いなりに

工夫してやっています

 

 

本当にしたいのなら

「そのうち…」

なんて言っていません

 

 

と、

ここまで書いて

 

 

おい、さくさ

自分自身は

どうなんだ?

 

 

さくさも

今一度

自分自身の言動について

客観的に見てみることとします

 

 

案外

自分自身に

やらない言い訳で

通しているかもしれませんからね

 

 

気をつけないとね

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

書き込み, ペン, 男, 少年, 男性, インク, 紙, 鉛筆, 手, 指

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

<前ふり>車の安全運転とドキドキ感 もう一度味わいたいこと

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第149号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

最近では<前ふり>と称して、

 

筆者であるさくさが

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

<前ふり>

 

さくさは

車の運転は

安全運転を心がけています

 

・無駄なスピードは出さず、

 

・くだらない追い抜きをせず、

 

信号が赤になると分かっていたら

加速せずに

減速します

 

 

既に赤信号になっている交差点に向かって

突進していくドライバーの心境は

理解できません

(あいつらどこ見てんねん)

 

 

 

そして

車間距離も広めを心がけています

 

(さくさは自分の安全運転をちょっと誇張して

 優等生色を付けてるかもしれません)

 

 

 

 唯一気を付けているのは

寝落ちしないこと 笑

(笑いどころじゃないです)

 

 

 

他人の運転する車の助手席に乗ったりすると

 

自分の運転とは、

車間距離

加速時間

車線変更の確認の仕方

ブレーキをかけ始めるタイミング

など

 

微妙に違うので

ドキドキすることがあります(よね)

 

 

 

これまでで一番強烈だったのは

中国でのタクシー

 

アトラクションか何かと思った

 

片道3車線くらいの

車がビュンビュン行き交う道路に

 

・家族が荷物を持って横断する 

自転車が横断する

 

彼らは皆、車が走ってくる方向を見て飛び出してくる

(車が来るのが見えてるのにもかかわらず飛び出してくる)

 

 

そして

車は彼らを縫うように

車線変更しまくる

 (車線など無いようなもの)

 

 

止まろうとしない

よけて通ろうとする

 

 

狭い道になると

少しでも他車より早く

有利に割り込もうとする

 

 

生き方そのものを

車の運転に最大限に

表現している

 

 

当時は笑っていたが

今では馬鹿にできない

何か大切なものもある

そんな感じ

 

 

助手席で

さくさは

ブレーキ踏みまくり 笑

(助手席にブレーキないけどね)

 

 

スリル満点

恐ろしくて

楽しくて

 

彼らの運転技術に脱帽した

 

 

もう何年も前のことだから

今では事情が違っているかもしれないけど

 

 

もう一度乗りたい

  

たまにはスリルを味わいたい

 

 

車の運転で、

ではなく

 

人生だとか

 

経験だとか

 

そっちがいい

 

(決して乱暴運転を称賛している記事ではございませんことをご理解くださいませ)

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

ジェット コースター, 乗る, 遊園地, スリル, アドベンチャー, 楽しい

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

 

<前ふり>ホームレス 負のスパイラル解消 認定NPO法人への寄付 情けは人の為ならず

 

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第148号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

最近では税金に関する話とは別に、

 

<前ふり>と称して、

 

筆者であるさくさが

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

ここのところ災害が続いております。

何年も前の災害も、まだ完全に復興はしておりません。

被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

<前ふり>

 

 

「知ったからには、知ったなりの責任がある」

 

「自分にできることは何か」

 

「社会に良さそうなことをしたいのか、社会を変えたいのか」

 

 

今回は、

先日の勉強会でお話しを聞くことができた

Homedoor 理事長:川口加奈様

のお話しです

 

 

 

川口さんは高校生の時に

新今宮駅で電車を乗り換えて

通学をされていたことから、

 

その駅近くの釜ヶ崎(あいりん地区)

の存在を知り、

 

・炊き出し活動

・夜回りパトロール活動などに

参加されていました

 

(特に大阪経験のある方はどのような地域なのかよくご存じだと思います)

 

 

始めの頃は、

 

ホームレスになったのは

その本人の怠慢や不勉強が原因

 

責任は

勉強しなかったその本人にある

 

と思っていたとのことですが

(さくさも)

 

ホームレスの方々のナマの話を聞いていると

“必ずしもそうではない”

という事実が分かってきたとのことでした

 

 

むしろ、

 

一度ホームレス状態になってしまうと

 

・住所がないから仕事が見つからない

(面接に通らない)

・新しい住居を得るためのお金がない

(コインロッカー、外食等が必要で出費が多くお金が貯まりにくい)

・お金がないから仕事ができない

(初任給をもらうまでの間生活ができない)

 

いったん

このような負のスパイラル

グルグルと陥ってしまうと

なかなか抜け出せない

 

仕事、お金、住居の3つを

同時に手に入れなければ

ホームレスからの脱却が困難

であることが分かりました

 

 

「知ったからには、知ったなりの責任がある」

 

 

 

川口さんが高校生の時

学校新聞に掲載したり、

ボランティアの

仲間を募集したりしました

 

 

活動の甲斐あって

呼びかけには友達がたくさん

応じてくれたとのこと

内申点が上がったからだとか笑)

 

 

大学生の時には

ホームレス問題を解決したいという思いで

Homedoor(ホームドア)を設立

 

 

ホームレスの方々の7割が

自転車の修理が得意な技能である

ということを知り

 

その技能を生かした仕事として

レンタル自転車

HUBchari(ハブチャリ)

の事業を開始されました(現在、約40拠点)

 

  

凄いのは

 

ホームレスの方々への

単なるボランティア配給などではなく

 

ホームレスの方々に仕事をしてもらい

その労働の対価として給与の支払い

行うというところ

 

 

そして

その事業の賛同者として

企業や自治体を巻き込んで

 

商売として成立させている

ところであります

 

 

川口さんは、

負のスパイラルからの脱出のみならず

天に向かうようなスパイラルへの

転換の仕組みを創られたわけですね

 

素晴らしいです!

 

 

「ここに来れば何とかなる」

 

その思いから、

 

ホームレスの方の居場所を確保するために

最近では、宿泊施設の運営を始められました

 

 

Homedoorはこちら↓
www.homedoor.org

http://www.homedoor.org/about/

 

 

 

(ここで少し税金のお話し)

 

 Homedoorへの寄付については

寄付金控除又は税額控除の対象になります

 

Homedoorは

2017年に

特定非営利活動法人(認定NPO法人)になっているので

 

“認定NPO法人等寄付金特別控除”の適用により

 

所得税と住民税から合わせて

寄付金額の約40%の税額控除の適用があります

 

 

 

  

 寄付金の支払いは

一時払いのほか、

 

サポーターとして

毎月一定額(1日35円/月1,080円)~からを

カード払い出来る仕組みもあるので便利ですよ

 

 

さくさはコンビニなどで買い物をしたら

いつも小銭募金をしているので

 

このサポーター寄付は

小銭募金と感覚的に同じような

感じがしますね

(心の中で、チャリン、チャリン)

 

 

情けは人の為ならず

 

 

ですよね

 

心, 愛, ロマンス, ロマンチックな, 愛情, バレンタインデー, 結婚式の日

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

 

<前ふり>被災地への旅行 自粛しない お金を使ってくる

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第147号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

最近では税金に関する話とは別に、

 

<前ふり>と称して、

 

筆者であるさくさが

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

 

<前ふり>

 

 

家族旅行を予定しています

 

ずいぶん前からの計画です

 

 

旅行の行き先は、

 

マスコミに大きく報道されてはいませんが

 

今年

台風で被害があったところです

 (数年前にも甚大な被害がありました)

 

 

今年の夏は台風や大雨で

甚大な被害があった場所が

たくさんありましたね

 (また、大きな台風が来ようとしていますが…)

 

 

今回の旅行先は

 

神社があったり

温泉があったり

そして古からの自然が多く残っているところです

 

 

温泉は

とろりとした感じの良質のお湯が沸き出ており

さくさの大好きな温泉の一つです

 

 

 

 

数日前、

 

その旅行先の宿主から

 さくさに電話がありました

 

 

「○○湯、△△湯が、この前の台風で浸水してしまいました」

 

「復旧作業をしているのですが、間に合っておりません、申し訳ないです」

 

「□□湯は大丈夫ですので、その湯だけでもよろしいでしょうか?」

 

 

なんと丁寧な

ありがとうございます

 

 

 

話を聞いてみると

 

どうやら、一部の温泉以外は

それほど問題はないようです

 

通常に営業していることが分かりました

 

 

さくさは

 

「はい、大丈夫です」

「(もちろん)予定通りに行かせてもらいます」

 

 

 

 ・被災地に義援金を送る

 

・被災地にふるさと納税をする

 

・被災地に物資を送る

 

・被災地に行ってお金を使う

 

・被災地でボランティア活動をする

 

など

 

色々な方法で

被災地に支援をすることができます

 

 

さくさは

この場合

 

その支援が自分がしたい支援であるなら

 

寄付金控除の対象であるかとか、

対象でないかとか、

あまり気にしなくても良いと思っています

(もちろん多少は参考にしますけどね。。。)

 

 

被災地への支援については

被災地が必要としているものの情報を

イムリーに拡散させてくださる

素晴らしい方もたくさんいらっしゃいます

 

 

例えば このような情報です ↓

岡山県総社市倉敷市真備町含む)向け物資支援】

 

 災害支援物資の受け入れについて

 

1000円台~2000円台の

災害支援物資の送付が

アマゾンの欲しい物リストで出来ます

 

 

(国等に対する寄付金として取り扱います)

 

 

 

さて

 

さくさは

今回予定通り

(自粛しないで)

 

・旅行をして

 

・食事をして

 

・買い物をして

 

被災地で

お金を使ってこようと考えています

 

 

皆様の商売がうまくいきますように!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

風景, 日本, 熊野古道, 伊勢路, 石畳, 歴史, 歩く, トレッキング

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ

 

<前ふり>カバンは地面に置かない 飲み物をトイレに持ち込場ない 場の気

「サラリーマン税理士さくさの納税のすすめ」第146号

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

このブログは、

 

税金の知識を得ることで安心して事業を行いたい個人事業者の方とその予備軍の方のためのブログとして始めましたが、

 

最近では税金に関する話とは別に、

 

<前ふり>と称して、

 

筆者であるさくさが

日常生活の中での出来事や、見聞きしたことを通じて、

さくさなりの感じ方、考え方などをつらつらと書いております。

 

 

 

<前ふり>

 

 

さくさの友人から聞いた話

 

その友人は

超ビジネスマンで

第一線でバリバリと活躍している人物です

 

 

あるとき、

さくさと食事をしながら話しをしていたら、

 

 

彼は

かばんを地面に置かないように心がけている

と言っていました

 

そのかばんを持って

お客様のところにもお伺いするのだから

むやみにかばんを地面につけたりしない

 

それが見えない礼儀であると、

 

そんな話しだったように記憶しています

 

 

彼からその話しを聞いた頃のさくさは

彼ほどは気にしないで

かばんを足元に置いたりしていました

 

場所は色々です

 

電車の座席の足元や、

居酒屋での足元、

会議場などで

 

イスに腰掛けて

かばんは足元に置いたりしていました

 

(とはいっても、むやみに置いたりしてないけどね)

 

 

 

彼の話を聞いてから

 

何となく心のどこかで

そのことが気になって

 

さくさも

その後少しずつ気を付けるようにしました

 

 

また、

最近になって

 

地面には邪気があるから

地面に直にかばんなどを置いたりすると

そのかばんが

邪気をもらってきてしまう

 

なんていう記事にも目にしました

(コロコロは仕方がないですよ)

 

 

同じ床とか地面とかでも、

特に公衆トイレなんてひどいもので

汚れているばかりでなく

気も相当乱れているそうです

 

さくさもそれは普通に分かります

 

 

そう、

 トイレの気は他の場所よりも

乱れている

 

例えば、

公衆トイレの中で

飲食なんて出来ないですもんね 笑

スマホもダメ)

 

 

 

そういえば・・・

 

さくさは

以前から

 

水やジュースなどの飲み物を

トイレに持ち込まないように

心掛けています

(せめて、カバンに入れるとか)

 

理由は

 

なんとなく

気になるから

 

(なんとなくで、ごめんなさい)

 

 

その場の気は

飲み物に移るような

気がするのです

 

良い気も

悪い気も

 

その場の気を

吸収すると思っています

 

 

水に気が移るのなら

 

例えば、

雰囲気が良くない集会場などに

 

ペットボトル水を

 

ポン

 

と置いて

 

場の浄化にも活用できますね 

(身代わりに使ったりとか…)

 

この場合、

 その水は決して飲まないです

 

 

 

楽しく喜ばしい場だったとき

 

この水は

もちろん美味しく頂きます

 

 

 

何の科学的な根拠もない話ですが

 

さくさは

 

経験上

 

なんとなく感じることを

大切にしたいと思っています

 

強制しませんが

おすすめです 笑

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

氷の結晶, 氷, フォーム, 霜, ファブリック, グリッド, ガラス

 

ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

 

読者の皆様が宇宙で一番幸せになることを心よりお祈り申し上げます。 

 

さくさ